■ 発足指針 ■ セミナー情報 ■ コラム ■ お問い合わせ ■ HOME

■ 発足指針
■ セミナー情報
■ コラム
■ お問い合わせ
■ 市町村の公式サイト
■ 公共機関等 関連サイト
■ HOME


■便利になると無駄が多い。 016

例えば最近のパソコンはプリンタをつなぐとある程度自動認識するように作られていたりする。
一般利用者が「利便性」を求めるから、そして自動でやってくれないと手動セットアップが難しいからである。
そのため使うことのないプリンタの資料が山のようにもともとから入っている。
自動認識するために膨大なデータと複雑なプログラムが組まれているが、それゆえにOS自体が非常に重くなっている。
これはほんの一例で、技術者側から見れば、無駄なシステムやデータを省き、必要最小限の方が、よい場合が多々ある。

■コラムの目次に戻る→